ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗4位、勝みなみ7位 アマ2人は悔しさかみ締める敗戦

◇国内女子◇スタンレーレディス 最終日(9日)◇東名CC(静岡県)◇6586yd(パー72)

「あっという間に終わってしまったなという感じです」。残り9ホールの短期決戦でアマチュア初の2週連続優勝を目指した畑岡奈紗(ルネサンス高3年)は、1バーディ、1ボギーとスコアを伸ばせず通算4アンダーの4位タイ。優勝には2打及ばず、悔しそうに息を吐いた。

11番(パー5)では、ティショットを右サイドのクロスバンカーに打ち込んで、前方のアゴ近くに突き刺さった。「(前に)出ることは出たと思うけど、ラフに止まる可能性もあったので、フェアウェイに出すことを優先した」と、左後方にウェッジで刻み、4オン2パットのボギーとした。

この日はショットのぶれる場面が散見されたが、畑岡は「アドレスでちょっと右を向く癖がある」ことは認識している。「自分では真っ直ぐだと感じているので、母に後ろから『右を向いている』と言われても、思い切って左を向けないというのはある」と振り返った。

13番で3mのバーディパットを沈めて取り返したが、15番5m、16番3mとチャンスを外すと、パターを振り上げて悔しがった。「課題はバックナインに入ってからのパッティングです」と、心に刻んだ。

一方の勝みなみ(鹿児島高3年)は、2バーディ、3ボギーとスコアを落として通算3アンダーの7位タイで終えた。

この日、つまずいたのはショートパットだ。10番で1.5m、18番では1m弱のパットを外してボギーとし、「読み違いで2つ外したのはもったいなかった」と唇をかんだが、「危ないところでしっかりパーを拾えたし、粘りのゴルフが少しずつできてきている」と手応えも感じている。

同級生の畑岡との直接対決となったが、「優勝しか狙っていないので、奈紗ちゃんのことは全然考えていなかった」と勝は言う。「目標は優勝だったので、届かなかったのが一番悔しい。これが今の実力と受け止めて、来週に向けて練習したい」と、出場予定の次週「富士通レディース」に向け、すぐに気持ちを切り替えていた。(静岡県裾野市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。