ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

良い子?暴れん坊? ホステスVに迫った穴井詩の1W

国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」でツアー未勝利の穴井詩が首位タイで最終日を迎える。通算9アンダーで並ぶのは複数回優勝者の鈴木愛申ジエ(韓国)。さらに1打後方には、イ・ボミ(韓国)がいる。開幕前から「やっぱり頑張りたい」と意気込んだホステス大会で、難敵に勝って初優勝へ―――舞台は整った。

「きょうは暴れん坊」。平均飛距離270ydと屈指の飛ばし屋は、独特の表現で振り返った。前日に「良い子」と表現した好調の1Wが今日は曲がった。7番では、ティショットをロープ外に打ち込んだが、「(グリップを)握るときの力の入れ方を変えた」と対応した。後半はボギーなしでしのいだ。

粘りを見せたのは「すごく緊張感があった」と池が絡む終盤。16番でピン手前4mを決めてバーディ。さらに周りを池が囲む浮島グリーンの17番では、17mのフックラインをねじ込んだ。「これ(連続バーディ)は大きい」と胸を張った。

この時期は毎年、夏バテでの体重減少に苦しむ。しかも「1人前しか食べない」と食の細さもあり、開幕戦から2kg減。「あと4kgほど増やしたい」のが本音。さらに痛めている右手首も万全ではない。だが、プロ9年目で迎えた再びのチャンス。首位で最終ラウンドを迎えたのは過去4度あるが、すべて競り負け。苦汁をなめてきた。

この日も最終組で同組だった鈴木、申との飛距離の差は小さくなかった。逃し続けたタイトルの運命を決めるのは1Wの出来だろう。あすは良い子なのか、それとも暴れ出すのか?(北海道美唄市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。