ニュース

国内女子センチュリー21レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

またも1打差の2位 木戸愛は2週連続で悔し涙

雪辱を期して臨んだ週末は、2週連続の悔し涙で幕を閉じた。国内女子ツアー「センチュリー21レディス」最終日を単独首位から出た木戸愛は、1イーグル4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「70」。伸ばしながらも、通算8アンダーの2位タイで終戦した。前週「サマンサタバサレディース」に続き、再び1打差で4年ぶりのタイトルを逃した。

痛恨は「ミスを続けてしまった」という1打リードで入った15番。左クロスバンカーからの2打目がダフり気味に入り、フェアウェイに刻む形に。3打目もグリーン奥のバンカーに入れて4オン2パットのダブルボギーとし、この日初めて首位から陥落した。

直後の16番でバーディを奪い、アン・ソンジュ(韓国)、菊地絵理香と再び首位に並んだが、最終18番で勢いの差が出た。アンは、ピンそば80センチに絡めてバーディが確実な状況。外せば敗色濃厚の2.5mのバーディパットはカップ左を逸れ、木戸は天を仰いだ。

「勝ちたかったですね」。決着がついたグリーン上では笑顔もあったが、クラブハウス内のロッカーで、涙とともに感情を吐き出してから取材に応じた木戸。「2週連続で、最後まで勝ちたいという強い気持ちでプレーできたことは、自分を強くしてくれていると思う。もう1回、自分を奮い立たせて頑張りたい」。気丈な言葉で覆い隠した失望を、次こそ歓喜の涙に変える。(静岡県伊豆の国市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 センチュリー21レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。