ニュース

国内女子サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2週続けて高3アマが首位発進 みなみ世代・吉本ひかる「負けたくはない」

今週も、みなみ世代のアマチュアが堂々の首位発進だ。国内女子ツアー「サマンサタバサレディス」初日、17歳の吉本ひかる(滋賀短期大付属高3年)が4バーディ、1ボギーの「69」でプレーして、3アンダー首位タイの好スタートを切った。

1番ではティショットをフェアウェイバンカーに入れたが、つま先下がりのライから6Iで放った残り140ydの第2打をピン右横に5mにつけて、バーディ発進。続く2番で4mを沈めて勢いに乗った。4番では90ydのアプローチをPWのハーフショットでピン奥4mにつけてバーディを奪い、早々に上位に踊り出た。

<< 下に続く >>

「グリーンを外してもパーセーブできた」と、8番ではグリーン手前からのアプローチをピン奥2mに寄せてナイスセーブ。「13番の3パットはもったいなかった」とこのホールをボギーとしたものの、雨風に翻弄されながら上位争いに粘って踏みとどまった。

堀奈津佳、琴音姉妹、諸見里しのぶらが契約する「ゴルフアカデミー中島」の中島敏雅コーチに師事している。土日はアカデミー、平日は学校帰りに練習場へ出掛け3時間ほどの練習を積む。今週は「お願いして頼んだと」と中島コーチがキャディを務め、コースマネジメントや風の読み方を学びながら「安心してプレーできている」という。

6月の国内女子下部ステップアップツアー「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」で、ツアー史上4人目となるアマチュア優勝。同月末に行われた「日本女子アマチュア選手権」は3位に入った。「ステップ優勝は自信になった。名前を知られるようになって、声を掛けられることが増えた」とはにかんだ。

前週に首位発進した小祝さくら(北海道・飛鳥未来高3年)のほか、勝みなみ(鹿児島・鹿児島高3年)、新垣比菜(沖縄・興南高3年)とは同学年。「さくらちゃんやみなみちゃんの活躍にすごいなと思うし、すごい世代だなと思う」と客観視する一方で、「負けたくはない」というのが本音。今週は優勝争いと平行して、ローアマチュア争いにも火花が散る。(茨城県阿見町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!