ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

体調不安の横峯さくらが2位浮上…逆転Vはあるか?

2013/10/12 19:44


国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」の2日目に、横峯さくらが4バーディ、ノーボギーでラウンドし、通算7アンダーの単独2位に浮上した。

大会初日は「体調がよくない」と話しながらも3アンダーの10位タイにつけた横峯は「昨日に比べたらよくなってきました」と小声で話す。ゴルフの内容についても「パッティングで決められなかったのがいくつかあって、もったいなかった。我慢するしかなかったですね」とテンションが上がらない。

<< 下に続く >>

ドライバーショットが好調かと言えば「4回ぐらいはラフに入っていました」と、これといって良かった点はなく、「ノーボギーというのが良かったですね」とスコアだけが満足と、これまた控えめなコメントに終始した。

プレー中も、バーディを決めれば右手を挙げてギャラリーの声援に応えるものの、表情は晴れず、体調が本格的に回復したようには見えなかった。

それでも、初日を終えた段階で「2日目が終わった時点で優勝を争える位置なら狙いたい」と話していたことに対し、「そうですね。この位置なので狙いたいです」と、辛うじて今季3勝目への意欲は示した。

不安は明らかだが、この日の結果はナイスプレー。最終日も静かなゴルフで逆転優勝を果たすことになるのだろうか。(静岡県裾野市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!