ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

ホステスプロの森田は11位 14番のダボに悔い

2012/11/25 16:52


宮崎県の宮崎カントリークラブで開催された、国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の最終日。ホステスプロの森田理香子は7位タイからスタートし、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「72」。通算2アンダーの11位タイに後退して4日間の戦いを終えた。

「ベスト3を狙っていた」という目標に向けてスタートした最終ラウンド。中盤にかけては「気持ちよくバーディが獲れていた」と、3番で3mを入れてバーディ先行。5番(パー3)ではティショットをバンカーに打ち込みボギーとするが、9番(パー5)では2オンに成功して2パット、さらに10番と連続バーディを奪い、この時点で3位タイまで浮上を遂げる。

しかし、14番で痛恨のミス。ティショットをラフに打ち込み、2打目もバンカーに捕まるピンチ。1m弱を外す3パットによりダブルボギーを叩き、「もったいなかった」と自滅により流れを失った。11位タイは過去2年の自身の成績を上回る自己最上位となるが、「もっと上にいけたと思う」と悔いを滲ませた。

最終戦こそ満足の結果で終えられなかったが、今季全日程を終了しての賞金ランキングは自己ベストの7位。「だいぶスイングもよくなってきたし、大叩きもしなくなった」と、メンタル面も含めた成長への実感を口に。その上で、「(師事する岡本綾子から)スイングについて新しい課題も貰った。あとは自分の努力次第なので、頑張っていきたい」と、強いこだわりを抱くショットのさらなるレベルアップを誓った。

来週は自身初参戦となる「日韓女子プロゴルフ対抗戦」に出場。その翌週には、国内3大ツアーの対抗戦「Hitachi 3Tours Championship 2012」への出場を予定している。(宮崎県宮崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。