ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

斉藤愛璃「明日は自己ベストを超えられるように・・・」

2012/06/23 19:16


昨日の悪天候から、時折日がのぞく曇り空となった2日目。イーブンパーの46位タイからスタートした斉藤愛璃が、4バーディ、3ボギーの「71」でラウンドし、通算1アンダー、49位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

この日はスタートの1番(パー5)で3打目をピン手前4mにつけバーディ発進。さらに3番(パー4)では6mのバーディパットを沈めてスコアを伸ばした。「前半は調子いいかも!」とこの好発進にホッとしたのも束の間、「なんとかパーセーブした」という5番(パー4)あたりからドライバーショットが曲がり始め、7番、8番を連続ボギーとしてしまう。

「7番(パー4)はバンカー目玉の不運・・・、8番(パー5)はティショットを右に曲げてしまい、木の下で狙えない位置からのナイスボギーだった」と、前半をイーブンパーで折り返した。後半に入り11番(パー4)では「(ドライバーが)怖くなってティショットはスプーンでした」と2オンに成功するも、30ヤードの長い距離を3パットし、ボギーとした。

しかし粘る斉藤は、12番から「以前、知人にアドバイスしてもらったドライバーショットのポイントを思い出した」と、ティショットでこれを意識しはじめると、13番(パー3)バーディ後の14番(パー5)ではフェアウェイをきっちり捕らえバーディを連取。なんとかアンダーにスコアを戻して通算1アンダーとし、カットラインぎりぎりで最終日に駒を進めた。

「ここのコースはバーディが獲れるけど、みんなにとっても同じはず。明日はとにかく頑張るしかない。(先週の)自己ベストを超えられるように頑張ります」と、先週の「ニチレイレディス」で、開幕戦での優勝以来、自己ベストとなる37位でフィニッシュした斉藤。この日に掴んだ手ごたえが、明日の起爆剤となるのか注目だ。(千葉県袖ヶ浦市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。