ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

李廷恩がトップ通過を果たす! ベテランの木村敏美も7位と健闘/国内女子 ファイナルQT 最終日

静岡県の葛城ゴルフ倶楽部で行なわれている、来年度のツアー出場資格をかけた4日間の戦い、2006年度「ファイナル クォリファイング トーナメント」の最終日。通算5アンダーで李廷恩(韓国)がトップ通過を果たした。

2位タイからスタートした李廷恩は、ほかの上位陣が伸び悩む中、3バーディ、2ボギーでスコアを1つ上げることに成功。後続を1打差で抑えている。

通算4アンダーでこれに続いたのが、頓所由夏と有村智恵だ。頓所は3バーディ、3ボギーと粘りを見せてホールアウト。一方の有村は2バーディ、1ボギー、2ダブルボギーとスコアを3つ落としたものの、前日からの貯金を上手く生かした。2人は4アンダーでフィニッシュしたが、第4ラウンドのスコアが良い頓所が2位、有村が3位となっている。

上位3人とは少し差が開いたが、2オーバーの土肥功留美が5位 、三塚優子が6位に食い込んだ。また、昨年はクオリファイで35位に入った日下部智子が、今年は6位に入り来期もほとんどの試合に出場することが可能になった。

注目選手では、ベテランの木村敏美が通算5オーバーの7位と健闘。ところが、賞金ランキング52位で惜しくもシード権を逃し参戦した成田いづみは74位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!