ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

一味違う「お肉」のモチベーション 笠りつ子が7バーディ量産

2021/05/06 21:08


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(6日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

1学年上で同じ熊本出身の上田桃子の優勝は、33歳の笠りつ子に大きな活力となった。「年齢の近い桃ちゃんの試合を見て、私も頑張りたいってなった。常にゴルフを考えている桃ちゃんを近くで見てきた。私も負けてられないと思った」

<< 下に続く >>

7バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、6アンダーで2019年「フジサンケイレディスクラシック」以来の単独首位発進を決めた。「ティショットが良くて、セカンドもパターも全部良かった」とし、「パーフェクトに近いプレーができたかな」と笑顔を見せた。

バーディを取ることは、地元の子どもたちへの支援にもつながっていく。今年から、1バーディにつき1キログラムの肉を「フードバンク熊本」に寄付するチャレンジを始めた。

「コロナ禍で、ご飯を食べられない子どもたちがいると聞いた。私自身は常においしいご飯を食べられていて、子どもたちにも食べさせてあげたいと思った。好きなお肉で寄付することにしました」。2日目以降もモチベーションを高め、バーディを量産する。(茨城県つくばみらい市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!