ニュース

国内女子TOTOジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

視線はメジャーへ 小祝さくらは「全米女子オープン」出場へ勝負の3日間

2020/11/05 18:09


◇国内女子◇TOTOジャパンクラシック 事前情報(5日)◇太平洋C美野里C (茨城県)◇6554yd(パー72)

小祝さくらはイン9ホールで調整し、「グリーンが大きい印象。でも、小さなコブがたくさんあるので、ボールをのせる位置を考えながらプレーをしないと、なかなかバーディはとれないかな」とコースを警戒した。

<< 下に続く >>

9月「ゴルフ5レディス」でツアー2勝目をあげるなど、今季10試合でトップ5が4度。賞金ランキング2位と好調を維持している。3日(火)には師事する辻村明志コーチとともにショットの修正に励んだ。

「先週のショットがひどかったので、まだその悪いイメージがあるんですけど、先週に比べるとだいぶ良くなった。体の回転で打てていなかった」。初日はテレサ・ルー(台湾)、鈴木愛と同組。「初日あまりよくないとズルズルといってしまう。しっかりとやっていきたい。今年は複数回、優勝したい」と気合を入れた。

視線は12月10日に開幕が延期された海外メジャー「全米女子オープン」(テキサス州チャンピオンズGC)にもある。現時点では出場権がない。今大会終了後、9日付の世界ランキングを現在の71位から押し上げることができれば、資格が繰り下がる可能性がある。「今の自分の順位だと微妙ですね。今週は優勝するくらいの気持ちで臨まないといけない感じ」

8月の海外メジャー「AIG全英女子オープン」は出場権を手にしながらも、ホステス大会「ニトリレディス」との兼ね合いから辞退した。「メジャー大会に出場し、活躍することは夢でもあり、目標」と以前から話していただけに全米女子出場への気持ちも高まっている。(茨城県小美玉市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 TOTOジャパンクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!