ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

初優勝のチャンスは? 最多の首位7人で最終日へ

◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 2日目(10日) ◇東名CC(静岡)◇6572yd(パー72)

台風14号の接近に伴う悪天候で2日目が中止となり、36ホールの短縮競技は混戦模様がさらに色濃くなった。最終ラウンドを前に首位で並ぶ人数・7人は、記録の残る1990年以降で最多。そのうちの宮田成華(なるは)、新海美優山下美夢有濱田茉優はツアー未勝利の選手たちだ。

<< 下に続く >>

22歳の宮田は今大会がシーズン3試合目でいずれも予選を通過、9月「デサントレディース東海クラシック」で5位に入った。少ない出場機会を活かしていることに、「私もそう思います。最低限のところはクリアしているかな」と胸を張る。「去年より、技術以上にメンタルが落ち着いていて、自信を持ってクラブを振れている。迷いがない」と思えるのは昨年4回目の挑戦でのプロテスト合格が大きい。「そこからガラッと変わりました」

初日は15℃前後の厳しい寒さに対し、ウエアにカイロを貼って対応した。練習日とのコンディション差に「2番手くらい上げるホールもあるし、パー5で150yd残ったりして違うコースみたい」と驚く。逃げ切りへのキーポイントに「グリーン周りかな、と思います。耐えて、耐えてチャンスを」とショートゲームの出来を掲げた。

QTランキング45位で今季前半戦を戦う新海美優にとっては、悪条件は臨むところかもしれない。「私はバーディがたくさん出る試合はついていけない…」と苦笑いする。「耐えるゴルフのほうがチャンスはあるかもしれない」。初日はパー72のところを自ら「パー74」と設定して我慢強く回った。

2018年末にシードを失い、下部ステップアップツアーにも出場中。「(コロナ禍で)オフの時間が長かったので、苦手だったショットをイメージして練習していた。それが良くなっている感じです」とレベルアップを実感しながら残り18ホールに臨む。(静岡県裾野市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!