ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

小祝さくら「4打差はわからない」 最終ホールの“攻め”に逆転への望み

2020/10/03 18:24


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技3日目(3日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72)

同組の原英莉花に3打差を逆転されて2位に後退した小祝さくら。それでもバーディで締めた最終18番に逆転の希望を見出そうとした。「セカンドショットで攻めた。それがバーディにつながった」。向かい風の残り183yd、ピンは奥に切られた。4UTから持ちかえた3UTでグリーン奥のカラーまで運び、チップインさせた。

<< 下に続く >>

「ピンの奥は下り傾斜で良くはない。ただ4UTだと180ydしか飛ばない。(風もあるし)良くてもピン手前10ydとかになる。それだとバーディチャンスにはならないから、3UTでしっかりピンに向かって打った」。絶好調で独走態勢を築きかけた原は反対に18番でボギー。6打あった差を土壇場で4打に縮めてグリーンを降りた。

「最後バーディを獲れて気持ちはすっきりした」とは言ったが、ムービングデーで痛恨の「73」に悔しさは募る。「納得のできないホールは多かった。ダメだと思っていてもそこにしか(ショットが)いかなかったり、思うようなショットは打てなかった」

4番(パー3)は第1打を8Iで左ラフに入れて初のボギーを喫した。「そこのホールは左だけはダメだと思って打ったけど、打った瞬間に厳しいと思った」。難しいバンカーショットを強いられた5番にダブルボギーをたたくなど、予選2日間で唯一60台を並べた安定感はどこにもなかった。

初の国内メジャータイトルに向け、ラウンド後も調整。「悔いのないように攻めのゴルフをしたい。最終日は何が起こるかわからない。相手の調子にもよるけど4打差はチャンスはなくはない」と同じく原との最終組になる残り18ホールへ前を向いた。(福岡県宮若市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本女子オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!