ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

永峰咲希 葛藤を乗り越えて初のメジャー制覇

2020/09/13 18:41


◇国内女子メジャー第1戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯最終日(13日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇6640yd(パー72)

2年ぶりの優勝会見で、永峰咲希の口から「葛藤」という言葉が何度か漏れた。

<< 下に続く >>

1つ目はこの日のプレーに関すること。3打差を追って出た最終日は、11番までに5つ伸ばしてトップに立ったが、12番で3パットのボギーとして通算13アンダーに一歩後退。「まさか外すとは思っていなかったので、そこで意識しちゃいましたね」と、優勝の2文字がちらつき始めた。

初優勝を飾った2018年の川奈ではプレーオフの末に勝利をつかんだ。「あのときは目の前に敵が見えていた。今回はボードを見ると意識しそうだし、下に11アンダー、10アンダーがいる、なんともいえない心境の中で、この後どうしようという葛藤があった」と振り返る。「それでも、ショットは悪くないって思ってやり切れたのが前回と違うかな」

前半8番(180yd/パー3)は、ピンが左エッジから5ydに切られていた。グリーンを外すと、左には窪地とバンカーが待っている。右からの横風の中、「5Uで低い球を意識した」という一打は、ピン左2mのエッジギリギリのところに止まった。「あんなところに止まるのはラッキー。これで勝てないなら、2勝目はしばらくないな」。このバーディパットをねじ込みながら、無観客のコース内で何度も自分に言い聞かせていた。

終盤の16番も3パットのボギーとして、リードは1打に縮まった。「自滅の雰囲気が出てしまうので、その流れを断ち切らなくちゃと大変だった。2回の3パットはどちらもオーバーして返しを外したので、ショートよりはいいかなと。初優勝のときも3パットをしているので、それを思い出しながらプレーしていました」と懸命に前を向いた。

コロナ禍で今季開幕は6月末にずれ込んだ。長いオフの間にも永峰は葛藤を感じていた。「試合がないから気を緩めたい反面、練習する時間は山程ある。“ここでやっておかないと”と、奮い立たせる葛藤の中でオフを過ごした」。その葛藤に打ち克って、自信のついたショット精度、コツコツ続けたパット練習。その成果がメジャーの舞台で支えとなった。「今週は横風とかピンも難しい中で優勝できた。この2年間で、いろんな技や使えることが増えた中での優勝かなと思います」

歴史ある大会にメジャー優勝者として名前を刻み、永峰は背筋を伸ばした。「この大会で優勝するのがどれだけ大きいことか肝に銘じて、常に優勝争いして、常に上位で争える選手になりたいです」。10代でも、黄金世代でもないけれど、伸び盛りの25歳。これからの女子ゴルフ界を、自覚を持って引っ張っていく。(岡山県笠岡市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!