ニュース

国内女子ヤマハレディスオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

森田理香子、膝を痛めたのは「体重急増」が原因かな!?

国内女子ツアー第4戦「ヤマハレディースオープン葛城」には、4人のアマチュア選手が出場している。昨年の「日本女子アマチュア選手権」を制した綾田紘子(法政大学)は初日16オーバーの106位。山口莉穂(埼玉栄高校)は14オーバーの103位タイと、難コースに打ちのめされた。健闘しているのが、桒原えりか(08年高校卒業)。16番ではダブルパーの8を叩いてしまったが、それ以外は安定したゴルフを展開し、5オーバー32位タイとなっている。

その3人を大きく引き離し上位に食い込んだのが、今年のプロテストトップ合格候補の一人、森田理香子(08年高校卒業)だ。3バーディ、4ボギーの1オーバー、単独9位に食い込んだ。同じ組でラウンドした米山みどり原江里菜よりも安定したゴルフを見せた森田だが、ラウンドしている姿を見ると左足だけ靴下を履いているように見えた。良くみれば、足首用のサポーターで同じく左足のふくらはぎにはテーピングも貼られていた。

「これですか?一番痛いのは膝なんです。だんだん痛みが増してきたので、テーピングとサポーターでカバーしています」。ゴルフパンツの下には膝用のサポーターも着用していた。そもそも痛みの原因というのが、足をくじいたなどの原因ではない。「急に体重が増えたから足に負担がきたみたいです」。笑顔で応える森田だが、その痛みはゴルフスイングにも影響を及ぼしているそうだ。

もともと足首が弱く、まず足首から痛くなったのだが、かばって歩いているうちに膝も痛くなってきた。今大会は休むほどの痛みではないということで出場を決意。ラウンド中は攻めのゴルフが上手くいったので、9位タイという好結果に繋がった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ヤマハレディスオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。