ニュース

国内女子カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

自滅した自分に激!涙で振り返る三塚優子

「カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ」最終日の最終組は誰が勝っても今季2勝目。全美貞三塚優子上原彩子という好調な3人の組み合わせとなった。スタートの1番は3人ともにパー。2番はフェアウェイから2打目を打った三塚の打球はヒールトップ球、低く左方向に飛び出し、グリーン奥のカラーに止まった。10ヤードのアプローチは、ピンにまっすぐ向かいチップインバーディ。ピンチから一転、7アンダーの全に並び首位タイとなった。

その後、5番まで全、三塚共にパープレーを続けたが、6番で三塚がボギーを叩き全はバーディ。このホールでこの日の流れが決まってしまった。3打目のバンカーショットでグリーンを大きくオーバーさせボギーを叩いた三塚は「あのミスはバンカーよりもその前の2打目ですね。バンカーは越える予定で打ったんです」。グリーン奥からは、斜面に2クッションさせ下り傾斜をうまく寄せてボギーに収めたナイスボギーだった。

「もっと問題は次のボギーですね」。ラウンド後、クラブハウスで涙ながらに振り返る三塚。7番はグリーン左サイドからのアプローチをダフってしまい。下り4mのパーパットを残してしまった。

「前回は逆のパターンだったんですけど。やっぱり、引き離されるのって悔しいですね。全さんも苦しいゴルフだったし、私自身チャンスがあったのに自分のそのチャンスをつぶしてしまったので・・・」

前半の全はティショットが安定せず、確かに苦しい展開だった。三塚もチャンスが多かったわけではないが、2番のチップインバーディなど流れは三塚に向いていた。三塚の言う前回とは、三塚が2位に10打差の圧勝を遂げた「ニチレイPGMレディス」のこと。そのときは、三塚のショットがことごとくピンに絡むような展開となった。この日の三塚は、優勝では味わえなかったことを経験できたようだ。負ける悔しさをバネに、更なる強さを備えることになるのだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。