ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

前半は“キレッキレ” 畑岡奈紗は3アンダー発進も「もう少し伸ばしたかった」

2019/09/12 19:15


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(12日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

3月の開幕戦以来、今季2度目の国内ツアー参戦となる畑岡奈紗は、初日を5バーディ、2ボギーの3アンダー「69」。首位と1打差の3位とした。

7時20分の10番スタート。穏やかなコンディションの中、畑岡が躍動感にあふれたプレーを見せる。11番(パー3)で1m、続く12番も1m、14番(パー5)と17番(パ-3)は1m強。キレのあるショットを次々にピンに絡め、17番までに4アンダーとした。

だが、風が強く吹き始めた18番(パー5)。1Wショットは、この日はじめて(そして唯一)フェアウェイを外し、3オン3パットのボギーとしてしまう。カップに蹴られたパーパットは下から約1.5m。「あのパーパットを外してから、距離感やラインがいまいち合わなかった」と、後半はスコアを伸ばすことができなかった。

「(後半は)チャンスにはついているけど、全部1mというわけにはいかない。4~5mのパットを入れていかないと、5つか伸ばしていくのは難しい」と、決めきれなかったミドルパットを課題とした。

それでも「風は強かったけど、出せないスコアではなかった」と、優勝スコアとイメージする1日5アンダー(通算20アンダー)は維持したままだ。(兵庫県三木市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。