ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

エースパターに戻した石川遼 「すごく良くなってきた」

2018/10/13 17:30


◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 3日目(13日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

決勝ラウンドに入り、ペアリングは2サム1ウェイに。石川遼は第6組で午前8時5分にスタートしたが、原敏之との2サムに多くのギャラリーがついて歩いた。

序盤4ホールで3バーディ(1ボギー)と派手に飛び出した石川。今週は初日にピン型センターシャフトのパターを使い、2日目は「オデッセイ トゥーロン SFO プロトタイプ」と、2週前に使ったものとは別の削り出しのL字パターを投入。3日目になって、慣れ親しんだエースパター「オデッセイ ix #9 プロトタイプ」へと戻していた。

「内容的にはすごく良くなってきた。一番は1Wショットがいい」と、3日目は5バーディ、4ボギーの1アンダー「70」。難度の高い11番(492yd/パー4)では、1Wでフェアウェイ右サイドをキープし、残り210ydを3Iでピン下1mにつけてバーディ。2打目を打ち終えた後は歓声にアイアンを上げて応え、バーディパットを決めると右手で力強くガッツポーズをしてギャラリーを盛り上げた。

14番(パー5)では段の下からロングパットをねじ込みバーディを奪い、「この感覚が消える前にいろんなパターにいかないで良かったです」とにっこり。エースパターはフェース面にインサートがあるモデルのため、経年劣化で打感や音が変わってくる。「自分としては1本を長く使いたい」と、削り出しのプロトタイプを試した意図を明かした。

3日目を終えて、首位とは11打差の35位。上位は遠いが、シーズン終盤に向けてさらなる自信ときっかけをつかみたい。(神奈川県横浜市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。