ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフ写真家の内田眞樹さん逝去 選手が「日本プロ」で喪章つけプレーへ

2018/05/11 20:53

日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長は11日、国内外のツアーを撮影し続けてきたゴルフ写真家の内田眞樹氏(51)が亡くなったことを明らかにし、12日の「日本プロ選手権」第3ラウンドで選手が喪章をつけてプレーすると発表した。11日に急逝した内田氏と親交のあった選手会長・石川遼の発案で、選手らに呼び掛ける。

内田氏は1966年、東京都生まれ。ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)では2009年からトーナメントを撮影してきた。昨年は、松山英樹が上位争いを演じた「全英オープン」、宮里優作が初の賞金王を決めた「ゴルフ日本シリーズJTカップ」など多数の大会を撮影した。

独自の視線で、試合中に選手が見せるさまざまな表情を切り取った写真は、読者や選手から高い評価を得ている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!