ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

香妻陣一朗が2位浮上 姉・琴乃の予選会敗退への心境

◇国内男子◇カシオワールドオープン 2日目(24日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

23歳の香妻陣一朗がシーズン終盤戦で優勝戦線に名乗りを上げた。2アンダーの6位から5バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算5アンダー。単独首位のキム・キョンテ(韓国)に1打差の2位タイにつけ、予選ラウンドを自身の最高順位で通過した。

終盤17番で1mのパーパットを、18番(パー5)では2mのバーディチャンスを外して得たポジションに、香妻は「もったいなかったです」と悔しそうに言った。14番(パー3)で15mのバーディパットがカップに転がり込んだが、「ショットがいい感じ」と好スコアの要因を語る。「自分のノルマは設けなかったですけど、うまい具合にプレーできた」。賞金ランキングは現在47位で、2年連続の賞金シードはほぼ確定。初タイトルはもちろんだが、シーズン終盤戦で優勝争いに参加できれば、来季に向けても大きな4日間になる。

人気女子プロの姉・香妻琴乃は今年、シード復帰を逃し、23日(木)には来年度の出場権をかけた3次予選会で敗退。来季のレギュラーツアーは各大会への推薦出場が中心となり、下部ステップツアーが主戦場になる可能性もある。心境を問われた2歳下の弟は「残念。まさか落ちるとは思っていなかった」という。

ただし、周囲は何かとプロゴルファーきょうだいの関係について興味を抱くが、逐一連絡を取り合うわけでもない。「刺激(を受ける)とかとは違います。気にする…という感じでもなく、“心配”という感じです」と陣一朗。ほかの家族と同じように、身内として率直に案ずるだけ。だから「姉のために頑張る」とは口にしない。ただその奮闘ぶりが、再起を期す姉への刺激にならないとは限らない。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。