ニュース

国内男子ホンマ・ツアーワールド・カップの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ自ら「全盛期を彷彿」と破顔 こだわりのクラブ調整でAS!

2017/10/06 15:36


◇国内男子◇HONMA TOURWORLD CUP 2日目(6日)◇京和カントリー倶楽部(愛知)◇7190yd(パー71)

ツアー通算94勝で70歳の尾崎将司が3バーディ、2ボギーの「70」として、自身が2013年「つるやオープン」で「62」をマークして以来となるツアー史上2回目のエージシュート(AS=年齢以下のスコアでラウンドすること)を達成した。最終18番(パー5)で50cmのパーパットを沈めると、待ち受けたギャラリーや選手、関係者から大きな歓声と祝福の拍手が鳴り響いた。

「“おめでとう”と言われてもねえ・・・」。国内ツアー通算94勝のレジェンドにとって、3バーディ2ボギーの1アンダー「70」は、いまもって手放しで喜ぶほどの数字ではないのだろう。それでも尾崎は、「何が嬉しいって、男子ゴルフが低迷しているいま、少しでも話題を提供できたことが一番よかったと思う」と、取り囲んだ多くの報道陣の中心で頬をゆるめた。

プレーへの手ごたえはスコア以上に納得がいくものだった。特に、「きょうはティショットがよかった。この4、5年の中で一番よかったし、セカンドがラクになる」という1Wショットには大きく胸を張った。スタート前に、前日までよりもピンの1W『G400 LSテック ドライバー』のロフト角を7.5度から8.5度に大きめに調整したことで「きのうよりも弾道が高いし距離も出た」という。

前回のエージシュート以来、予選突破が4年以上なく、スコアでも、フィジカルでも厳しいラウンドが続いている。そんな中で、1打でもスコアを縮めるために貫き続けてきたクラブへのこだわりがこの日の結果につながった。

序盤3ホールで2ボギーを叩いたが、以後はホールを重ねるごとにショット、パットともに精度が増していく。4番、8番(パー5)といずれもピンそば80cmに絡め、前半に2つのバーディを奪い返した。イーブンパーで折り返した後半11番に、2mのチャンスを決めて1アンダーへ。後半はフェアウェイとグリーンを外したのは2ホールずつと危なげなくホールを進め、「後半の内容は、全盛期を彷彿とさせるゴルフだった」とうれしそうに話した。

ただ、通算スコアは3オーバーで予選落ちが濃厚。70歳のジャンボは、「もう一つ上の話題を提供できるように頑張るよ」と声を張り、興奮の余韻がギャラリーの笑顔として残るコースを後にした。次戦は2週間後の「ブリヂストンオープン」を予定している。(愛知県豊田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ホンマ・ツアーワールド・カップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。