ニュース

国内男子長嶋茂雄招待セガサミーカップの最新ゴルフニュースをお届け

初のクラブ超過に呆れ顔 池田勇太は2罰打から意地の奪首

2017/07/07 18:31


◇国内男子◇長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント 2日目(7日)◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178yd(パー72)

自らの不注意による2罰打スタートから、意地の首位奪取だ。4位から出た池田勇太は、出だしの1番(パー4)をプレー中にクラブが15本入っていたことに気づき、2オン2パットの「4」に2罰打を加えたダブルボギー発進。その後に6バーディを奪い返して「68」と伸ばし、通算10アンダーの単独首位で決勝ラウンドに進んだ。

「ゴルフ人生で初めて」というミステーク。14本とは別に練習場で試していた3番アイアンをキャディバッグに入れたままティオフし、2打目地点で抜き忘れたことに気がついた。今週はハウスキャディを帯同しているが、非のすべては自分にあるとして「(自分に)怒る気力もなかったですね。ずっと呆れていました。いまも呆れています」と自嘲気味に笑った。

空気は重くなりかけたが、初日に続くバーディラッシュで吹き飛ばした。「ショット、パットともに良かった」と、次々とピンにからめた。前半5番で、75ydから50cmにつけた1つ目のバーディがチャージの狼煙。7番(パー3)、8番といずれも1mにつけると、9番(パー5)では4mを決めて3連続バーディ。13番(パー5)では80cmにつけて6つ目とし、リーダーボードトップの座を射止めた。

「4日目(最終日)を終えてトップにいられるように頑張りたい。いかにバーディを獲って、スコアを伸ばせるかだと思う」。週末のバーディ合戦は望むところだ。(北海道千歳市/塚田達也)

ゴルフ規則(抜粋)
【4-4 a クラブの選定と補充】
プレーヤーは、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならない。プレーヤーの使用クラブは、そのラウンドのためにスタート時点で選んだクラブに限られる。ただし、プレーヤーが14本未満でスタートしたときは、合計して14本を超えなければ何本でも補充することができる。

違反の罰は持ち運んでいたクラブの超過本数にかかわらず
ストロークプレー:違反があった各ホールに対し2打。ただし、1ラウンドにつき最高4打まで(違反のあった最初の2ホールに各2打の罰)。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 長嶋茂雄招待セガサミーカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。