ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「想定外の1打」から粘りのプレー 石川遼、薄氷の首位キープ

◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 2日目(16日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063yd(パー72)

1打差の単独首位から出た石川遼が6バーディ、3ボギーの「69」でプレーして通算12アンダーとし、リーダーボードトップの位置で決勝ラウンドに進出した。2位のブレンダン・ジョーンズとは1打差。

スタートホールの1番で、残り140ydの第2打をピン奥4mにつけてバーディ発進。前半で唯一パーオンを逃した2番では、ティショットを左の林に曲げた。2打目も木の枝をかすめて、ピンまで残り60ydのグリーン手前ラフへ。しかし、3打目をSWで50cmに寄せてパーセーブで切り抜けた。

初日に安定感を欠いた1Wは「左に行く感じではあったけど、嫌なミスではなかった。まだ安心して打っている感じではないところが課題」としたものの、フェアウェイキープ率は初日の6ホール(119人中74位)から、2日目は9ホール(10位)に改善した。

ところが、不意に訪れた「想定外の1打」でリズムが乱れた。後半10番でティショットを左の林に打ち込んだ。ピンまでは残り130yd。「いい感触で打てた」球は、グリーンをオーバーし、右奥のラフに転がった。「フライヤーでフックがかからず右に抜けていった。感触とは違って予測できなかった」。アプローチは傾斜でグリーンのカラーまで下り、ボギーとした。

続く11番(パー3)では、2mにパーパットカップに蹴られ、連続ボギー。12番(パー5)では1mにつけたが「打ちだしから左にでた」と、ミスヒットでバーディチャンスを逃した。「10番から12番は(前半とは)別人のゴルフ」と振り返った。

それでも14番では、フェアウェイ右サイドからの第2打を、ピン手前1mにつけてバーディを奪取。「簡単ではなかったけど、怖がって縮こまらず、粘ることはできた」とリズムを取り戻した。「12アンダーでは反省すべき点がある。気持ちを切り替えるしかない」と、残る2日間の戦いを見据えた。(北海道北広島市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ANAオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。