ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

“アオキのリスト”に名前 小袋秀人は6年連続の初優勝者となるか?

2016/06/02 21:03

夕闇迫る最終18番。15mのロングパットを沈めたバーディを知り、「あいや~!お前のためにセッティングしたみたいだなあ」と声を上げたのは青木功JGTO会長だった。茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで開幕した「日本ツアー選手権 森ビル杯」初日。24歳の小袋秀人が「69」(パー71)で回り、2アンダーの首位タイで滑り出した。

予選ラウンドから全選手が1番ホールからスタートする1ウェイスタイルの国内メジャー初戦。最終組の2つ前でプレーした小袋は、後半13番までに4つスコアを伸ばし、リーダーボードの上位に陣取った。第1打をOBにした14番をダブルボギー、15番をボギーとしながら、難度の高い上がり3ホールでひとつスコアを伸ばして終えた。

鹿島学園高時代、茨城県の国体に向けた強化試合などで同コースでプレーした経験があるが、ツアーのセッティングでラウンドしたのは今週が初めて。「風も朝から強く吹いていた。ボギーを打つのは覚悟の上。投げないように、折れないように。我慢、我慢」。忍耐強く18ホールを回りきり「ビックリしているけれど、自信になる」と充実感たっぷりに話した。

今大会は昨年度末のQTランキング29位での滑り込み出場だったが、関係者によると、小袋は仮に出場枠から漏れても出場できる可能性があったという。青木会長はこの主催試合を前に、将来性豊かな若手選手のリストアップをスタッフに命じていた。その中に名前があった小袋を、会長推薦する準備があった。

2012年に「日本アマチュア選手権」を制した183cmの大砲は、レギュラーツアーのシード獲得経験もないまま今年でプロ4年目。「あしたから(上位を)意識してしまうこともあると思うけれど、優勝争いなんかは考えずにやりたい。きょうと同じようなリズムでやれれば」。ツアーのフラッグシップトーナメントは、6年連続のツアー初優勝者誕生の舞台となるか。(茨城県笠間市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。