ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

グリーンでサンドウェッジ?最難関18番パー3を攻略したのは…

国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が行われている東京よみうりCCの名物ホールの1つが、最終18番のパー3だ。手前に大きく傾斜した高速グリーンは、カップの上につけると、たとえ1mのパットであっても油断はできない。3日間合計でバーディはわずかに4つ。難しさは18ホール中1番目で、平均ストローク「3.478」を誇っている。

大会3日目にこの18番でバーディを奪った選手はイ・キョンフン(韓国)、岩田寛池田勇太の3選手。最初は、第1組で回ったイが記録した。初日「75」、2日目「75」の通算10オーバーで最下位から出たイは、この日は2バーディ、3ボギーの「71」と巻き返した。18番でのバーディは、ピンの右13mから、上8mほどのところを狙って、90度近く曲がるフックラインを読み切ってカップに沈めた。

<< 下に続く >>

「びっくりしたし、ハッピーでした」と笑顔を見せたイ。それもそのはず、次週は米国ツアー下部のウェブドットコムツアー予選会を受けるために渡米予定だが「考えすぎて、特にパットが全然だめで…」と、直近4試合は予選落ちが2回に棄権が1回。ベストフィニッシュは40位とくすぶっていたところだった。

「今日もパットが入らなくてストレスいっぱいだったけど、最後はパーでいいと思って打ったら入ってくれた。明日はアンダーパーを目標に頑張りたい」と、難ホールでのバーディフィニッシュにちょっぴり元気も戻ってきたようだ。

もう1人、このホールで珍しいプレーを見せてくれたのは、今大会初出場の23歳・今平周吾だ。ティショットをピンの右上9mにつけると、グリーン上で取り出したのは60度のSW。「スピンを掛けて打たないと止まらないと思った」というショットで、ピン手前1mにつけてみごとにパーセーブをしてみせた。

「ダフったらダメだし、トップしたらグリーンを出ていっちゃうと思ったから緊張した。でも、完璧に打てました」と今平。「色んなショットを打つのが好き」という技巧派が、グリーンを取り囲む大ギャラリーを楽しませた。(東京都稲城市/今岡涼太

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ゴルフ日本シリーズJTカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!