ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

意外!? 5打差首位のリャン・ウェンチョンは日本未勝利

2015/06/06 19:33

国内男子メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」で、中国のリャン・ウェンチョンが3日間首位を守り通している。大会3日目も7バーディ、1ボギーの「65」(パー71)と、この日のベストスコアをマークして通算13アンダーまで伸ばし、2位に5打の大差をつけた。

「ティショットも、パットも良かった。まだ3日目だったのでリラックスできていたし、コースに集中することもできた。スイングもコントロールできている」と涼しげな顔で振り返った。

2007年にはアジアンツアー賞金王、10年にはワンアジアツアー賞金王を獲得したが、04年の日本ツアー本格参戦後、12年目となる今シーズンまで、なぜか日本での優勝はない。「理由は自分でも分からない」とリャン。「でも、ちゃんとした練習をしていけば、いつか勝てる日がくると思っている」。

最後に優勝したのは13年11月にフィリピンで行われたアジアンツアーだ。

最終日を前にして緊張を感じないわけではない。2位との5打差も「考えないようにしたい。自分なりのプレーができれば、それなりの結果がついてくる」と言うが、どことなく不安なそぶりも見え隠れした。

今大会は過去15回行われているが、最終日の逆転優勝は5回。04年にS.K.ホが5打差を覆した以外は、2打差以内だ。最終日最終組以外から優勝者が出たのは04年と09年(五十嵐雄二が2打差を逆転)の2回に限られる。

過去4年の勝者は、いずれもツアー初優勝者。そんなこんなの条件を積み上げて、確率を考えてみると、リャンの優勝はほぼ決まりと言えそうだが…。机上の計算通りにいくかどうかは、最終日次第だ。(茨城県笠間市/今岡涼太)

関連リンク

2015年 日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~