ニュース

国内男子アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント の最新ゴルフニュースをお届け

ボギーで目覚めた! 宮里優作が“裏街道”から大躍進

2014/08/30 18:20


福岡県の芥屋GCで開催されている「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」3日目は、6時38分に昨日サスペンデッドになった第2ラウンドが再開。4ホールを残していた宮里優作は3時50分に起床してゴルフ場へ向かい、「あんまり眠れなかったですね」と眠い目をこすりながらも16番でバーディを奪い、首位と7打差の通算3アンダー、33位タイでホールアウトした。

続く第3ラウンドは、9時55分に10番スタートの2組目。いわゆる“裏街道”から1イーグル、4バーディ、1ボギーの「67」でラウンドし、首位に3打差へと迫る通算8アンダー5位タイに急浮上してきた。

序盤11番で1.5メートルのパーパットを外し、先に来たのはボギーだった。しかし、「あれで目が覚めましたね」と、13番(パー5)では残り275ヤードの2打目を3番ウッドでピンまで4メートルに寄せて、イーグルをゲット。その後も4から6メートルのバーディパットを4回決めて、リーダーボードを駆け上がった。

今週は高麗グリーン対策としてパターを替えている選手が多く、宮里もその1人。通常使用しているスコッティキャメロン(プロトタイプ)は封印し、オデッセイVERSAパター♯7Hで挑んでいる。「高麗はショートパットで“ポン”って出ていかないと、ベントと違って切れてしまう」と、初速の出やすいタイプに替えたことが奏功している。

今季は、昨シーズンの最終戦に続いて開幕戦を制したが、その後は6月「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で5位タイに入った以外、満足のいく結果を出せていない。

「今週もスイングだとかフィーリングも調子が良くなくて。ドライバーは初日にフェアウェイに3回だけ、昨日もごまかしながらやっていました。でも今日はバッチリでしたね。ドライバーは半インチ短く持って振ったら良くなりました」。昨日、自身のスイング動画を沖縄県の実家にいる父・優さんの元へ送り、チェックしてもらった宮里は、今回の短く持つという解決法を授かり、早速スコアに生かしたという。

首位とは3打差で迎える最終日。「逆転ですか。まずは優勝争いをすることが第一条件だと思うので、精一杯やります」と、最終日は早々に首位を捕らえるべく、スタートダッシュをかける。(福岡県糸島市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。