ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/フジサンケイクラシック2日目

谷原秀人 4バーディ、2ボギー「70」、通算6アンダー首位タイ

「自分でもよく分からないゴルフ。相変わらずしっかり当たらない。途中から体重配分を変えたのが良かったかな。右に少し残すようにして、打つようにした。それを考えてこれからまた練習したい。グリーン上もそんなに悪くはないし、あとはティショットだけ」

片山晋呉 6バーディ、1ボギー「66」、通算5アンダー5位タイ

「今日は十分ですよ。(14番で1オンからバーディ)出る選手はみんな狙っていると思うけど、狭いからナイスショットしても乗らないし。乗るのもマレ。(パターのグリップを)昨日だけ太いのを使って、今日は先週まで使っていた細いのに戻した。ショットは全英の前にやっていたことを後半に思い出してきて、良くなってきたから安心できた。心配事?あとは(先週失くした)財布が出てくるだけ」

<< 下に続く >>

甲斐慎太郎 4バーディ、2ダブルボギー「71」、通算5アンダー5位タイ

「(この日は第1ラウンドの最終ホール、第3打のアプローチから再開)あのアプローチのおかげで、“ザックリ”しちゃったらどうしよう、って夜は何回も起きました。パーで上がれてよかった。ただ、(第2Rの)中盤がね…。ボギーにできるのを2つダボにしてしまったのが痛かった。イーブンパーだったけれど、上も伸びていないみたいだから良かった。明日がカギですね」

小田孔明 ノーバーディ、ノーボギー「71」、通算5アンダー5位タイ

「オールパーだった。めっちゃ疲れた。ショットは悪いし、グリーンには乗るけど、遠くて。返し(パーパット)は全部1.5メートルで怪しい距離。全部入れたけど、疲れた…。上が伸びていないから、耐えるしかないと思っていた。自分のゴルフじゃないからね、楽しくない。一番近いバーディパットが6メートルだったかな…」

藤本佳則 5バーディ、ノーボギー「66」、通算4アンダー9位タイ

「感触はずっと良かったんですけれど、今日は良いのが入ってくれて良かったです。1番で5メートルのバーディパットを決めて、あれが一日の流れを作ってくれた。(先輩の谷原、池田との同組は)気を遣わなくてもいいというか…遣わなきゃいけないけれど、声もかけてくれるし非常に回りやすかった。あとは、アプローチ、パターをもっと練習して行けば優勝できると思う」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!