ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】満身創痍の今野を支えたもの

2009/11/15 19:35


「三井住友VISA太平洋マスターズ」で4年ぶりの優勝を遂げた今野康晴。ウィニングパットを沈めた瞬間、今野の表情に変化はほとんどなかった。派手なガッツポーズも飛び出さない。久々の勝利の味を、じっくりと、ゆっくりと噛み締めているように見えた。

今シーズンは、体の故障に悩まされ続けた。5月には頸椎ヘルニアを患い、およそ2ヶ月半に渡りツアーを離脱。現在も腰と右ひじに痛みを抱えるなど、満身創痍の状態だ。優勝を決めたこの日も、第3ラウンドの残りを終えて最終ホールが始まるまでの50分の間、「腰の症状が悪くなり、マッサージなどの治療で精一杯だった」と話す。

その体で、約27ホールをプレーしなければならなかった最終日。「最後のハーフは体がきつくて、ショットで力が入らなかった」と、ギリギリの状態だった。「プレーオフになったら嫌だなって、物凄く思っていた」。ただでさえ、過去6戦全敗と苦手なプレーオフ。肉体の限界も加わり、プレーオフとなっていたら結果は別のものになっていただろう。

心の支えとなっているのは家族の愛情だ。今週の火曜日には風邪をひいた今野の元へ、妻の崇乃子さんが風邪薬を届けにきてくれた。「感謝しています」と、素直な気持ちを口にする今野。「この試合が好きみたいで、毎年見に来てるんです。頑張って欲しいと言われていたけど、まさか本当に優勝できるとは…」。妻と3人の子供たちに、最高の恩返しで応えた。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。