ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、風にも屈せず首位タイ! プロツアー初の最終日最終組に!

「東建ホームメイトカップ」の第三ラウンドを、通算7アンダーの単独首位で迎えた石川遼。スタート前から強い風が吹き荒れたこの日は、スコアを崩す選手が続出した。その中で、この日3バーディ、4ボギーの「72」で終えた石川は、手嶋多一と並ぶ通算6アンダーの首位タイでホールアウト。開幕前に目標として掲げていた “最終日最終組”を、自らの実力で手繰り寄せた。

「耐えるところは耐えられました。ショットは前の2日間に比べて悪いところがあったんですが、パターのお陰です」と安堵の表情。瞬間最大風速10.6メートルという強風が、低いボールを打とうとする過剰な意識を生ませ、ショットに微妙な狂いを生じさせた。しかし、「最後の最後のパットが入ってくれました。入らなかったら80を叩いてしまうようなゴルフでした」という石川。特に風が強まった時間帯の後半9ホールを11パットと、数字にもパターの好調ぶりが現れていた。

また、「スコアのことを考えながらスタートしなかったことが良かった」と振り返る。プレー中も「スイングをチェックしながらプレーしている」という。スコアにこだわる邪心を退け、スイングのことだけに集中する。「スコアばかり気にしていたジュニア時代より成長した部分」と、スキル、メンタルの両面での成長を自認していた。

明日の最終日も「この3日間と同じ気持ちで」という石川だが、「15ホール目までは自分のプレーに徹して、最後の3ホールは優勝争いを意識してもいいと思う。今までの自分のゴルフの中で、一番攻めるプレーをしたいです」と付け加えた。プロツアー初出場での初優勝は、1973年のツアー制度施行後では1979年の重信秀人以来、29年ぶり2人目の快挙。明日の最終日、今大会の主役を演じ続けている石川に、どのような結末が用意されているのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。