ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

大山最終戦Vを支えたのは、地元応援団とPINGのクラブ

国内女子ツアー、メジャー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」でPING契約の大山志保選手が、通算9アンダーで見事優勝を飾った。開催コースである宮崎カントリークラブは、難コースとしても知られるが、地元である大山が地の利を生かして、その難コースをねじ伏せた。これで大山は、2005年に続き、今回で2度目の大会制覇となる。大山選手は次のようにコメント。

「今年もPINGのクラブで戦い、最後の最後で結果を出すことができました。PINGのサポートに本当に感謝しています。

<< 下に続く >>

そして私の目標でもあった地元での優勝がまた叶いました。4日間ずっと、地元応援団をはじめ多くのファンが声をかけて拍手してくれて、まさに私のプレーをひと押ししてくれました」

なお、最終日は1イーグル、6バーディ、2ボギーの66(6アンダー)というビッグスコアをマーク。それを支えたのが、契約先であるPINGのクラブだ。

「ドライバーは自分の思うスイングができていて、いまでも距離がでています。アイアンは8月のゴルフ5レディスから『i20』アイアンに変えました。最終日の試合もそうでしたが、高さのあるフェードが打てるようになり、ドローや高さに関してもイメージ通りの弾道が思ったように打てて攻めることができました。パターは、ハーフパイプの形が気に入っています。構えたときのイメージ、安定感抜群です!」(大山選手)

2013年は、男子国内開幕戦を制した塚田好宜をはじめ、Tポイントレディスでツアー初優勝を飾った一ノ瀬優希、そしてメジャー最終戦Vの大山志保と、PING契約選手が大活躍。

ちなみに、同社は12月15日、大山選手も参加する『CLUB PING ファン感謝デー2013』を開催する。契約選手も多数参加するゲームやイベント、トークショーなどを企画しているというから、最高に盛り上がる一日になりそうだ。

大山志保選手クラブセッティング

ドライバー:G20(9・5度)
FW:G20(3W/5W/7W)
アイアン:i20(#4~9、PW)
ウエッジ:TourWedge(52度SS/58度SS)
パター:Scottsdale Half Pipe

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!