ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2013年秋、パーリーゲイツはクラシック&ポップスタイル

サンエー・インターナショナルはこのたび、都内展示会場にて「パーリーゲイツ」、「マスターバニーエディション」の展示受注会を開催した。

「パーリーゲイツ」の2013年秋のテーマは、「クラシック&ポップスタイル」。今回のコレクションについて同社は次のように述べている。

<< 下に続く >>

「今回のコレクションは、クラシックなスタイルを基調としておりますが、『パーリーゲイツ』のポップなイメージも融合させた『クラシック&ボップスタイル』となっております。タータンチェック柄、アーガイル柄、小紋柄などを取り入れて、シックなイメージを表現したデザインが特徴です」―。

特に注目されるメンズのスタイリングとしては、ブラックウォッチチェック柄のパンツに「I'm DUFFER(私、下手なんです)」というロゴが入ったセーターを組み合わせた点だ。この上下のコーディネイトに、シルクハットや蝶ネクタイなどの小物でアクセントを付けた「ジェントルマン」をイメージしたスタイルを提案してくという。

また、レディスのスタイリングとしては、タータンチェック柄のスカートに、アーガイルのソックスや平ツバの帽子、エナメルのシューズなどをコーディネイト。見事に「クラシック&ボップスタイル」を表現していた。

さらに、「クラシック&ボップスタイル」とは別に、夏のスイカ柄ではなく、秋はバナナ柄のウエアや小物を展開するなど遊び心を加えたスタイルも同時に打ち出していくという。

その他にも、新たな試みとしてシンプルな薄手の100%カシミヤニットを展開するなど、動きやすさを重視するゴルファーに向けた提案もしていく模様。

一方、「マスターバニーエディション」は、「勝ちたい気持ちを作る服」がコンセプト。2013年秋のテーマは、「ビューティー&ユーティリティ」。美しいうえに機能的であることがテーマになっており、襟にワイヤーを入れて立たせるなど、シルエットにこだわりながら、速乾性や通気性などの機能素材も同時に採用。

また、デザインは、マスターバニーの頭文字「MBE」をグラフィックした柄や千鳥柄を取り入れるなど、ツアープロからのフィードバックをもとにデザイン性、機能性の両立を実現させたウエアを今後も展開していくという。

なお、今回のコレクションの型数は、「パーリーゲイツ」がウエアで100型、アクセサリーで40型。「マスターバニーエディション」がウエアで70型、アクセサリーで30型。構成比は、両ブランド共、メンズ5:レディス5での展開となっている。

問い合わせはサンエー・インターナショナルへ、03‐6748‐0392

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!