ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ナイキ「赤い革命」で市場席巻へ怪気炎

ナイキジャパンは12月中旬、都内会議室で2月15日に発売する『VR_Sコバート』の記者発表および試打会を開催した。すでに11月6日にリリースを配信しており、日本時間の同日に米国フロリダでグローバルのローンチイベントも開催した。世界各国から主要メディアを集め、レセプションのほか、合計8時間におよぶ講義も行っている。日本での記者発表は、約60名のメディアを集め、各1時間の商品説明と試打会となった。

『コバート』の詳細は既報なので割愛するが、記者発表冒頭では、武器用ケースから白手袋をはめたスタッフがクラブを取り出す演出も注目を集めた。モデル名の「コバート」に由来するパフォーマンスで、「コバート」は国家スパイなどが使用する言葉。隠密作戦を表す。アドレスした時には見えないが、ソールには革新的な機能を"隠している"ということが、ネーミングに繋がっているという。

ところで、ナイキは6年ぶりにジャパンゴルフフェアに復帰する。もちろん、その主役は『VR_Sコバート』のお披露目だが、開催当日の2月15日に発売日を設定したという気合いの入れようだ。さらに、ナイキゴルフのトップであるシンディ・デービス女史や開発総責任者のトム・スタイツも来日する予定で、鼻息が荒いどころの話ではない。

ジャパンゴルフフェアでのブース位置も特筆に値する。一部業界関係者が知るところだが、今回のJGFでは「白い革命」のテーラーメイドが、JGF史上最大級の52コマを確保。それに触発されたのか、ナイキはテーラーメイドと「かなり近い位置」に25コマのブースを構えることに決定した。

「テーラーさんは白で、当社は赤。紅白歌合戦なんてことで業界を活性化できればいいですね」
そう話したのは、クラブ・ボールビジネス担当の信田真樹ディレクター。優しい声色ながら、挑戦状を叩きつけたという意味合いが強い。それもそのはずで、記者発表当日のスタッフの装いは、白の長袖Tシャツの上に赤いポロシャツのレイヤードスタイル。「今日のスタイルと同じように、JGFを皮切りに白を赤で覆い尽くしたいと思っています」――。

クラブ事業11年目のナイキ。外資系優位の国内ドライバー市場で、シェア5%が目標。どこまでその数字に迫れるか?

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。