ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

チタンに代わる新フェース『グローレ リザーブ』

テーラーメイドゴルフは12月、日本専用モデル『グローレ』シリーズに、宇宙・航空分野でも使われているグラファイト・コンポジット素材を搭載した『グローレ リザーブ』ドライバー(10万5000円)を投入する。

同社菱沼信夫社長によると、
「日本市場の約50%はプレミアムカテゴリーで占められます。そのなかで『グローレ』は初年度で約15%のシェアを獲得することができました。一層の拡大には起爆剤が必要です。そこで米国本社へ懇願し、新素材をグローバルモデルにさきがけて『グローレ リザーブ』に投入した経緯があります」―。

『グローレ リザーブ』ドライバーは、ゴルフクラブのエンジンともいわれるフェースに着目。これまで、クラブフェースへの採用は困難とされていたグラファイト素材を用いることで、チタンフェース比で約45%の軽量化を実現しているのが特徴だ。また、約30%のサイズアップとフェースサイズ拡大により、反発性能に加えスイートエリアが55%拡大するとか。

具体的には、70層のグラファイト・コンポジットプリプレグの上に、溝とマイクロテクスチャーを施したサーモセットウレタンカバーを装着。軽くて強度に優れたグラファイト・コンポジット素材を、従来の研磨や研削などの工程を伴わない同社独自の製法で施している。

ヘッド体積は460cm3で、長さは46・25インチ、46・75インチの2タイプがある。専用ヘッドカバー、トルクレンチ付。

お問い合わせはテーラーメイドゴルフへ、0120-558-562

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。