ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

幅広いユーザーへアプローチ!生まれ変わったマックテック

2010/10/13 10:45


マグレガーゴルフジャパンは、マックテックブランドの2011年モデルをフルラインナップで発表した。お披露目のイベントには、「日本女子プロゴルフ選手権」を制した契約プロの藤田幸希や、GDOギアコンテンツ【一刀両断】でおなじみの金谷多一郎プロが駆けつけ、新製品によるデモンストレーションが行われた。

また、若者やアスリートといったユーザーのターゲット層を広げるため、1992年のブランド誕生以来使い続けていた【MACTEC】のロゴを一新する。新商品の発売日は2010年12月4日とのこと。

<< 下に続く >>

マックテック ドライバー

各社がシャフトを長くして飛距離アップを謳う中、ヘッド重量に着目して飛ばすという切り口で今回のドライバーは開発された。また、ユーザーのニーズに応えるため、スインガー向けに丸型ヘッドの「DS101」、ヒッター向けに洋ナシタイプの「DH101」、パワーヒッターに体積425ccの「DP101」といった3種類のヘッドを用意。ソール部分に2か所のウエイトが変更できる「ツインウェイトフォーステクノロジー」を搭載し、自分にあったチューニングができるようになった。

マックテック フェアウェイウッド&ユーティリティ

フェアウェイウッドとユーティリティに関しては、スインガー向けにつかまり重視の「FS101」と「US101」、ヒッター向けでコントロール性重視の「FH101」と「UH101」のそれぞれ2種類がラインナップ。ソールセンターに1か所の取り換え式のウエイトネジを配置した。

マックテック アイアン&ウェッジ

アイアンは飛距離重視の「IS101」と、コントロール重視の「IH101」が登場。丸棒から複数回の鍛造を施した高精度軟鉄鍛造ヘッドを採用し、ソフトな打感と反発力を実現させた。ウェッジ「WH101」は新溝ルール適合ながら、フェース面をCNC加工を施し優れたスピン性能を持つ。

マックテック パター&ボール

また、パターに関してはロフト角6度という大胆な設計でキャリーをさせ、スムーズな順回転を生み出すパターを開発。ブレードタイプの「IM-C Z1」、クランクネックのマレット「IM-C Z3」、グースネック型のマレット「IM-G Z7」の3タイプが発表された。

そのほか、打感はソフトなディスタンス系ボール「マックテック MT312ソフトツーピースボール」を発売する。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!