ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

機能性再PRで来春夏は5%増のルコック

デサントは7月6日、都内オフィスで『ルコックゴルフ』、『カッター&バック(C&B)』、『クレージュゴルフ』の11年春夏コレクションの記者発表を開催した。直近の4~6月は、春の低温下が市況に響いたものの、C&B以外は売上増となった。

大型チェーン店における4~6月の実績は、『ルコック』が昨対105%、『C&B』が同97%、『クレージュ』が同122%など概ね売上増となっている。その要因は各ブランドともにボトムス、半袖シャツの売れ行きが好調で、全体の不況感をカバーしたとみられる。

<< 下に続く >>

今回の発表は11年春夏コレクションだが、基本的には各ブランドで全面的に機能性を再PRする。その中心となるのが、「サンスクリーン」という太陽光遮蔽素材の水平展開で、ゴルフ以外の商品にも採用される予定。この素材は、太陽光の反射による遮蔽効率を高める機能素材で、熱源の赤外線の反射を抑え、衣服と衣服内の温度上昇を抑える効果があるとか。第三機関の調査では約3℃以上の優位性がみられたという。

コレクションで特筆すべきは、『ルコック』の新ライン「ルコックビッツ」。艶っぽさが特徴だった「ルコックリブレ」を「スポーツライン」に内包し、次世代ゴルファー(20歳代)を購買層に見据えて、既存ゴルフウエアに見られない普段着感覚、ルーズ感、ユニサイズなどをデザインに取り込んでいく。

各ブランドの11年春夏計画は、『ルコックゴルフ』が10年同期比105%、『C&B』120%、『クレージュ』105%を目指し展開していく。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!