ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

「全米女子」より「ニチレイレディス」を選んだ申智愛が首位発進

2014/06/20 21:04


国内女子ツアー「ニチレイレディス」初日、今季米ツアーから日本ツアーに主戦場を移した申智愛(韓国)が「69」をマークし、3アンダー首位タイの好スタートを切った。今週、開催されている海外メジャー「全米女子オープン」への出場資格(世界ランク29位)も持っているのに、出場辞退して、千葉・袖ヶ浦CC新袖Cでプレーしている。

2008年に「全英リコー女子オープン」で20歳にして海外メジャータイトルを獲得。翌09年には米ツアー賞金女王、さらに10年には世界ランクナンバーワンにも立った輝かしい戦歴を誇る26歳は、
いまなぜ海外メジャーではなく日本女子ツアーでプレーしているのか?

申は全米女子オープンに出場しない理由を次のように語った。

「今年は日本ツアーで戦うと決めた以上、全力でやるつもり。アメリカの試合は既に何度も経験しているし、全て投げ出す思いで、ここを主戦場に決めたから」。

日本で戦うことを決めたのは、申自身がはじめて日本ツアーのトーナメントに出場したとき(2008年「PRGRレディース」)に感じたことが大きかったという。ギャラリーと選手との親密な繋がり、日本のホスピタリティに感動し、その経験は世界のトップで活躍しながらも、更新されることなく心に残り続け、決断を後押しした。

実は、申がこれまで明かしてこなかった、理由がもうひとつある。「日本はトーナメント開催各地で、名産を食べられる。名古屋なら味噌カツ、沖縄ならゴーヤーチャンプル、北海道ならメロン! それとカニ! でも一番好きなのは――卵焼き!」。そう、卵焼きの存在だ。

申のお気に入りは、遠征先のホテルや旅館で朝食の一品として出される定番の卵焼き。日本人なら誰でも想像できる、あの出汁のきいた卵焼きだ。長引く不振にあえぎながら、慣れない日本で転戦を続ける今も、毎朝の卵焼きを楽しみにモチベーションを保っている。

ちなみに、申がまだ米ツアーメンバーだった当時のオフィシャルプロフィールを見てみたら、そこには「Favorite food(好きな食べ物):fried egg」と書かれていた。いやちょっと待てよ、“fried egg”は目玉焼き? 英語には卵焼きを明確に表現する言葉がないのか。“rolled egg”、“Japanese omelette”???

マネージャーも含めた、身振り手振りも駆使した入念な取材結果として、とにかく申の好物は、2008年に初めて日本ツアーに参戦した時から変わらず、あの卵焼きであることに間違いはない。

米国で約5年間に渡る転戦生活の中で孤独に疲れたこと、そして近年、コース全長が伸び続け、飛距離追求の身体的負担が大きくなった点も、日本ツアー参戦の理由に挙げている。全てを投げ打って専心を決めた申の現在の目標は、「日本ツアーでのキャリアを積むこと」。まずは、未だ獲っていない日本の賞金タイトル獲得に邁進する。

日本ツアー大好き。申の心は今ここにある。(千葉市若葉区/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。