ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ストップ・諸見里に有村智恵も

トーナメント会場内にある選手の順位を表示した速報ボードは、観戦に訪れたギャラリーにとってだけではなく、プレーをする選手達にとっても貴重な情報源の役割を果たしているが、今週の「ゴルフ5レディス」では、大型の速報板は14番グリーン以降、18番グリーンまで存在しなかった。ホール間の通路脇に小さなボードはあるものの、大勢のギャラリーに取り囲まれる最終組付近では、それを確認するのは容易ではない。

「途中、状況が分からなくて、18番グリーンに上がるまでは(トップと)同じスコアだと思っていた」というのは有村智恵。「パーでも大丈夫だなというのが、セカンドまであった」と振り返る。左ラフからのセカンドショットは、グリーン右サイドに切られたピンを狙わず、センターへ。「(グリーンに)上がってみたら1打差で、あんなパットを残してしまった」と、2段グリーンの上から10m近い下りのバーディパットを沈めるしか、追いつく可能性は残されていなかった。

6番から5連続バーディを奪うなど、この日7つのバーディを奪ってトップの諸見里しのぶを追い掛けたが、最後は3パットのボギーとしてしまう。悔しさと共に、健闘を称えるギャラリーの暖かい拍手が心に沁みて、グリーンサイドで涙がポロポロと溢れ出た。「自分は頑張ったよねって思いながら、つい…」と、有村。

「独走を許したらいけないって気持ちがあったし、賞金女王争いも独走を許したら国内女子ツアーが盛り上がらない。私たちみんなが頑張って良い成績を残して、終盤まで良い争いにしないといけない」と、責任感の強さが言葉に滲む。諸見里との差は約3000万円でランキングは4位。それでも、有村の本気さがこの日の涙で伝わってきた。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2009年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。