ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

阪神タイガース久保康生投手コーチの長女がプロデビュー戦を迎える!

2008/09/18 17:23


2008年のプロテストに合格した32名の選手は、トップ合格の黄(ファン)アルム(韓国)を除く31名が先週開催された「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で新人研修に参加した。スコアボードやギャラリー整理など、選手としては経験できない貴重な体験をする。慣れないことだけに苦痛に思う選手もいる中「なんか修学旅行みたいで、すごく楽しかったです」と笑顔で話すのは、阪神タイガースの投手コーチを務める久保康生の長女・久保啓子だ。

父親が阪神で活躍した久保投手ということから、プロテスト受験前から関西地区では注目されていたが、久保自身はプロのトーナメントでの実績はなく、全国的には知名度はまだ低い。実際、プロの試合は2006年の「マスターズGCレディース」に唯一出場したが、その時は予選2日間を通算14オーバーの100位タイで終わった。

現在、時任宏治プロに師事し、テスト合格後もひたすら練習の日々を過ごしてきた。ゴルフの調子はどうかと久保に質問すると、横にいるコーチをちらちら見ながら「良いと思います」と答える久保。するとコーチは「彼女に聞いているんですよね。僕は口出しはしませんよ」と、ニヤリと笑いながらも「調子はすごく良いです。ただ、先週の研修会で練習ができなかった分だけ不安な部分もありますが、なんとかなりますよ」と背中を押す一言。

プロテスト合格選手のほとんどが、すでにステップアップツアーやレギュラーツアーでも実績を積んだ選手が多い中、久保は数少ないツアー未経験組といっても良いだろう。いきなり好成績を出すのは難しいかもしれないが、今後多くの試合、多くのコースを経験し実力をつけて欲しい。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。