ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

三塚優子、「気持ちは来週に行ってます」

2008/09/28 09:31

上田桃子の逆転優勝で幕を閉じた今年の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」。最終ホールで、決まればプレーオフというバーディパットを外した三塚優子は、右手で顔を覆った。

「最後は4m弱くらい。(3打目は)傾斜に落として、もっとバックスピンで戻ると思ったけど計算ミス。下りを残したらまず入らないと思った」。トップと1打差の2位で終えた三塚は、淡々と振り返った。

この日は、前半からことごとくチャンスを外した。3番2m、4番1.5m、6番1.5m。ツアー初優勝した昨年は、ショットが不安定で後半はドライバーを封印した三塚だったが、この日は最後まで迫力あるショットを見せ続けた。それだけに、「33」パットが痛かった。

優勝した上田との差はわずかに1打。この日の内容を考えると、誰が勝ってもおかしくなかった。「ほとんどラインが読めなかったし、最後もラインが違った。まあ、3日間で一番ひどい内容でした」と、悔しさを滲ませながら振り返った三塚。「一杯課題が見つかったので、練習して克服するだけ。気持ちはもう来週に行っています」。心が折れていないことが頼もしい。うなだれている時間は、無駄なだけだ。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2008年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。