ニュース

国内男子日本プロ選手権 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

コース新「63」 190センチの大男が流した涙のわけとは?

2016/07/09 20:05


身長190センチの大男が、突然目頭を押さえながら、はらはらと涙を落とした。国内男子メジャー「日本プロ日清カップ」3日目。北海道クラシックGCのコースレコードを更新する「63」をマークしたハン・リーが、この日のラウンドについての感想を求められたときだった。

「またゴルフができるようになるとは思っていなかった。今年、どうなるか分からなかったし、JGTO(日本ゴルフツアー機構)の皆さんには感謝したい。メディカルを適用してくれて、また愛するゴルフをプレーできるようになった――」。

2014年の「ダンロップフェニックス」で、これまで酷使してきた左膝が悲鳴を上げた。同年12月に手術に踏み切り、昨年は1年間ツアーを休んだ。今シーズンは怪我による特別保障制度を利用して出場している。

「今年、日本ツアーに戻ってきたら、選手たちから『おかえり』って声を掛けてもらって、うれしかった。ギャリーからも『おかえり』って言われて、本当にうれしかった」。

今季国内開幕戦から今週が8試合目の出場となる。予選通過はわずかに2回。21ラウンド目にして初めて60台を記録した。「ゴルフは本当に難しい。アンダーパーもなかったし、良いプレーができなかった。今日はナイスプレーでびっくり」と肩を震わした。

運も味方した。「どれだけやれるか分からないから」と、今年は帯同キャディを使わず、ハウスキャディを使ってきた。だが、2日目を終えて予選落ちしたデービッド・オーのキャディをしていた月森洋二氏を、この日から雇用した。2012年にリーがツアー初優勝を飾った試合でも、月森氏がキャディだった。

「よーじさんが助けてくれた」と振り返ったリー。「試合中、よく勝負をするんです。このアプローチが入るかとか、残り距離がどれくらいあるかとか」と月森氏。リーの集中力を高める術は熟知していた。

首位とは7打差ながら、4位の好位置につけている。優勝も狙える位置だが、リーの頭にそれはない。「今は、高いレベルでゴルフをできるのが、とにかくうれしい。アンダーパーでラウンドできるだけでうれしいよ」と、顔をくしゃくしゃにするばかりだった。(北海道安平町/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 日本プロ選手権 日清カップヌードル杯

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。