ニュース

欧州男子BMW PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 BMW PGA選手権
期間:10/08〜10/11 場所:ウェントワースGC(イングランド)

フード付きのゴルフウェアはOKか?ハットン優勝の英国で議論白熱

◇欧州男子◇BMW PGA選手権 最終日(11日)◇ウェントワースGC (イングランド)◇7267yd(パー72)

賞金総額700万ドル(約7.3億円)の欧州ツアー旗艦大会は、母国イングランド出身のティレル・ハットンが後続に4打差をつけて逃げ切り勝利。日本からただ一人出場した川村昌弘は、10位からスタートした最終日、スコアを伸ばせず20位に終わったが、分厚いフィールドで健闘して、レーストゥドバイ・ランキングは10ランクアップして62位。最終戦進出となる60位を視界にとらえた。

<< 下に続く >>

そんな中、今大会のコース外で話題となったのはハットンが4日間着用したアディダス製のフード付きアウターだ。「プレーするのに快適だし、ストレッチ素材なので動きが制限されることもない」というが、保守的な英国ではゴルフにおけるドレスコードに適合しているのか?とSNSで議論となった。

9日(金)夜にハットンがツイッター上で、アディダスが提供してくれた10着をコメントしてくれた人の中から抽選でプレゼントすると発表すると、その返信はすぐに1万件近く(日本時間12日時点で1.4万)に達した。「ちょっとクレイジーな反応だったね。人々の意見は分かれている。好きか、嫌いか分からないという人もいる。だけど、みんながそれについて話すのは良いことだ。ゴルフというスポーツをより解放的にするアイデアはどんどん受け入れるべきだし、紳士気取りじゃよろしくない。まずはやってみて、そこからスタートすればいい」。人々の関心の高さに驚くハットンだが、新たな取り組みには前向きだ。

ウェントワースで戴冠すると、トロフィーを掲げ、フードをかぶって記念撮影に収まった。「アディダスは粋なことをしてくれた。フーディー(フード付きのスウェット)は見た目もカッコいいし、問題になる理由なんてなにもないよ」と満足そう。米国ではブライソン・デシャンボーがパワーでゴルフ界の変革を続けているが、欧州ではウェア革命が進行中だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 BMW PGA選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!