ニュース

欧州男子アブダビHSBCゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

欧州ツアー中東シリーズへの影響は 米イランの関係悪化で

米軍によるイラン革命防衛隊の司令官殺害で両国間の緊張が高まるなか、米ゴルフ界では1月の欧州ツアー・中東シリーズに出場予定のトップ選手の動向が注目されている。

欧州ツアーは1月16日からアラブ首長国連邦で2連戦(アブダビHSBC選手権、オメガドバイデザートクラシック)、同30日からサウジアラビア(サウジインターナショナル)と、中東で3連戦を行う。世界ランキング1位のブルックス・ケプカはうち2試合、ダスティン・ジョンソンは前年大会を制した「サウジインターナショナル」にフィル・ミケルソンらとともにすでに出場意思を示した。

<< 下に続く >>

米軍はドナルド・トランプ大統領の指示で3日にイラク・バグダッドで空爆を実施し、革命防衛隊の精鋭、コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害。4日には市内の米大使館付近にロケット弾が撃ち込まれ、今後互いがさらなる報復に出る恐れがある。

バグダッドと各大会の会場になるドバイ、アブダ、ジェッダとの距離はそれぞれ約1400km離れているが、関係者からは警戒の声も漏れた。米ゴルフチャンネルのレポートによると、ダスティン・ジョンソンのマネージャーは「ダスティンも私も中東の進展についてコメントすることはない。ただし、安全確保のため様子を監視している」。UAEの2試合に出るブライソン・デシャンボーのスタッフは「現時点でブライソンは出場を予定しているが、私たちは情勢を注視しています」と話した。

米国の外交をめぐる海外ツアーへの影響は過去にもあり、2017年にはトルコとの関係悪化により、マット・クーチャーがビザを取得できず「ターキッシュエアラインズオープン」を欠場した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アブダビHSBCゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!