ニュース

欧州男子D+D レアル チェコマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 D+D レアル チェコマスターズ
期間:08/15〜08/18 アルバトロスゴルフリゾート(チェコ)

トーマス・ピータースがプラハでツアー4勝目を達成

トーマス・ピータース(ベルギー)がチェコにあるアルバトロスゴルフリゾートで開催された「D+Dレアル チェコマスターズ」を1打差で制覇し、3年に及んだ未勝利期間に終止符を打った。ピータースは2015年にプラハで初優勝を飾っており、ヨーロピアンツアー4勝目を手にしたと同時に大会史上初めて複数回優勝した選手となった。

2016年「ライダーカップ」でスター選手となったピータースは、日曜日を首位からスタートさせ、フロントナインで4バーディを奪って後続を引き離して12番のバーディで首位の座を盤石にした。序盤に惜しいバーディパットを立て続けに外しており、後続との差はさらに開いていてもおかしくなかったが、バックナインでは見事なパーセーブを何度か見せ、楽々と首位を快走しているかに見せた。

同組のアドリ・アーナス(スペイン)は1イーグル、4バーディ、3ボギーの「69」をマークし、通算18アンダーの2位。ディフェンディングチャンピオンのアンドレ・パバン(イタリア)は、トロフィー防衛へ精一杯のプレーを見せて「65」をマークするも、通算16アンダーでサム・ホースフィールド(イングランド)と並んで3位タイに終わった。

大会終了後にピータースは「ホッとした。長い時間かかったからね。最後の優勝から3年が経ったんだ。また勝てて良い気分だね。自分を疑ったことは一度もなかったけれど、ゴルフスイングがしっくりこない期間が長かったんだ。調子を取り戻し、また勝つことができて最高だね」と述べた。

「皆が、君は年間2、3勝すべきだと言っているが、難しいものなんだ。そう言ってもらえるのはありがたいけれど、時として期待を下回っていると感じてしまい、ネガティブになることもあった。でも、これから何勝もできるといいね」

「今日はほぼ1日コントロールできていると感じていたし、自分のすべきことをした」

アーナスは16番と18番でバーディを奪い、終盤に入ってピータースにプレッシャーをかけるも、タイトル奪取には1打及ばなかった。24歳のルーキーはラウンド後、「僕は諦めず、後半に幾つかバーディを奪うようトライし、彼のミスを待っていたけれど、彼はミスを犯さなかった」と述べた。

「彼による15番のパーセーブは見事だった。全体的に見ると、とても良いバトルだったから僕は満足している。マッチプレーのような感覚でプレーしてから、最後の2ホールで彼に勝とうと思ったし、実際そうしたけれど、1打及ばなかった。毎週、ツアーでは何かを学んでいるけれど、今回は確実に多くを学んだね。今はこの過程を楽しんでいるし、また近いうちに優勝争いができればと思っている」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 D+D レアル チェコマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。