ニュース

米国男子WGC キャデラックマッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 WGC キャデラックマッチプレー
期間:04/29〜05/03 TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)

マキロイとケーシーの熱戦は水入りに

ロリー・マキロイポール・ケーシーとの間で行われたTPCハーディングパークでの準々決勝は、日没のため日曜に勝負が持ち越されることとなった。

ケーシーは残り2ホールで1アップと優位に立っていたが、17番で3パットし、オールスクエアに戻った。両者ともにエクストラホールでのチャンスをものにできず、日没による視界不良ため勝負は翌日に持ち越されることになった。

「こっちもいくつか危うい場面があったけれど、僕も一つか二つ相手にチャンスを与えてしまった」とケーシー。マキロイはエクストラホール3ホール目で勝負を決する2mのパットを外している。「また明日、ティアップできるのが嬉しいね。単純にそういうことだよ」とケーシーは加えた。

「勝負は決まったかなと思ったけどね。でも、また明日の朝、6時45分にスタートすることになったので良かったね」

「僕らは15番(エクストラホール2ホール目)で互いを見合って、『もう1ホール行こう』と言ったんだ。本当に暗かったんだ。テレビカメラではどう見えていたのか分からなかったけれどね。でも僕らはもう1ホールやることにした」

それに対しマキロイは「終盤、必要なときにピンチをしのぐことができた。いくつか勝負を決められるチャンスはあったね。18番もそうだったし、あそこ(エクストラホール3ホール目)もそうだったけれど、決め切れなかったね」と述べた。

「とても暗くなったので、明日の朝、またプレーを再開することになったんだ」

マキロイとケーシーの勝者は、決勝トーナメント一回戦でJ.B.ホームズを5&3で下し、準々決勝ではルイ・ウーストハイゼンを4&2で下したジム・フューリックと対戦する。

松山英樹に6&5と大勝したマキロイは、続く対戦でも早々に決着をつければ、フロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオの一戦をリングサイドで観戦することも可能だった。

しかしながら、マキロイが1番でバーディを奪って先制したが、ケーシーは4番、5番、7番でバーディを奪って2アップとし、その後、マキロイがオールスクエアまで勝負を戻すも、14番でボギーを叩いたため、再びケーシーが優位に立ち、勝負は長期戦の様相を呈した。

ケーシーは17番でのティショットがグリーン周りのカラーに掛かってしまう不運に見舞われ、このホールで3パットして、グリーン右側からのパーセーブに成功したマキロイに並ばれた。両選手ともパー5の18番でバーディを奪えず、勝負は14番ホールから始まるエクストラホールへと持ち越されることになった。

両者とも14番では寄せワンでパーセーブを果たし、15番ではケーシーが惜しくもバーディパットを外すと、16番ではマキロイが2メートルのバーディパットを外し、勝負は水入りとなった。

関連リンク

2015年 WGC キャデラックマッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~