ニュース

欧州男子ノルデアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ノルデアマスターズ
期間:06/02〜06/05 場所:ブロホーフスロットGC(スウェーデン)

スウェーデンで主導権を握ったフィッツパトリック

「ノルデアマスターズ」は2日目を終え、今週これまでのブロホーフスロットGCでのベストスコアを叩き出したマシュー・フィッツパトリックが単独首位に躍り出た。

イングランドのフィッツパトリックは、すばらしいルーキーシーズンとなった2015年を経て、今季も安定したパフォーマンスを持続しているが、トップ10入りは4月の「マスターズ」のみにとどまっている。

<< 下に続く >>

昨シーズンは優勝1回に加え、9度のトップテン入りを果たした。「ブリティッシュマスターズ」での勝利のほか、7度のトップ10入りはいずれもシーズンの後半に記録したものであり、フィッツパトリックはここからシーズンを本格始動させたいと望んでいる。

フィッツパトリックは金曜日をノーボギーの7アンダーでラウンドし、通算11アンダーとして、2位タイにつける地元のアレクサンダー・ビョーク、ベルギーのニコラス・コルサーツ、イングランドの同胞のロス・フィッシャーアンドリュー・ジョンストン、スコットランドのスコット・ヘンリーに3打差をつけて単独首位に立った。

「7つのバーディを奪うのはどんな時であれ良い一日と言えますが、おまけにノーボギーなのですから、さらに良い一日ですよね」とフィッツパトリック。

「今年はここまでのところ、調子を上げるのに苦労してきましたが、今週はいい感じですね。このまま行ければと思います」

「1つか2つ、お粗末なショットはありましたが、それはつきものですから。今日はパットがとても良かったです。ほとんどのパットを決めましたので、つきのある一日でしたね」

「いつであれ、リーダーボードの上位で週末を迎えるのは、ワクワクするものです」

首位から1打差で2日目をスタートしたフィッツパトリックは、10番、12番、15番、18番、1番でバーディを奪って首位に立った。

21歳のフィッツパトリックは4番で見事なティショットをピンそば2.4メートルにつけてバーディを奪うと、ティショットをバックスピンで戻してタップイン圏内に寄せた7番でもバーディを奪い、完全に主導権を握った。

ベルギーの飛ばし屋コルサーツは、1番でのイーグルを挟むかたちで、12番と15番、3番と5番でバーディを奪ってリーダーボードを駆け上がった。その後、8番でボギーを叩いたが、9番でバーディを奪ってバウンスバックし、2日目を「66」とした。

初日を「67」とし、首位タイで出たジョンストンは前半を「33」で回ったが、10番のトリプルボギーでこの日のスコアを振り出しに戻した。

しかし、ここから奮起した27歳のジョンストンは上がり4ホールで3バーディを奪い、この日を1イーグル、3バーディの「68」でラウンドしたフィッシャーと並ぶ2位タイに順位を押し上げた。

大会2日目は地域一帯を襲った雷雨により58分間の中断を強いられた。最終組の一組前で10番からスタートしたヘンリーは中断の影響を受けることなく、再開後の最終9番でバーディを奪った。中断前は6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーで回っていた。

ビョークがこの日のラウンドを終えたのは現地時間の午後8時半だったが、2度目のヨーロピアンツアーの2日目を5バーディ、1ボギーでラウンドしたことについては満足してコースを後にしたことだろう。

フランスのルーキー、トマス・リナールは通算7アンダーの7位につけており、さらに1打差で大会2勝のミッコ・イロネン、ドイツのフローリアン・フリッシュ、南アフリカのジーン・ヒューゴ、イングランドのマット・ウォーラスがつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ノルデアマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!