ニュース

欧州男子ISPS HANDA パースインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPS HANDA パースインターナショナル
期間:02/25〜02/28 場所:レイクカリーニャップCC(オーストラリア)

ショートゲームに活路を見い出すデュビッソン

ビクトル・デュビッソンは今週の「ISPS HANDAパースインターナショナル」を制する上で、グリーンを如何に攻略するかが鍵を握っていると確信している。

16カ月前にここレイクカリーニャップで2位に入ったフランス出身のデュビッソン。彼は最終日に「66」をマークしてリーダーボードを駆け上がったが、優勝したトービヨン・オルセンを捕えるには至らなかった。

<< 下に続く >>

今週、一つ上の順位で大会を終えることについてデュビッソンは、風の吹くコンディションとなる可能性のあるコースでの、速いグリーンとの向き合い方が生命線になると信じている。

「今週、難しいのはグリーンだと思う。というのも、風が吹くと乾いてとても速くなるし、これから数日は気温も上がりそうだからね」とデュビッソン。

「今日プレーしてみたけど、全然簡単じゃなかった。トリッキーなコースであることは分かっているし、グリーンを読むのは簡単じゃないね。ティからはボールを真っ直ぐ打って行かなくてはならないんだ。だから、このコースではいつもタフな挑戦になるね」。

「もし、これで風が強くなって気温も上がれば、芝目ではなくてグリーンの速さが重要になってくるね。フェアウェイから打ってグリーンにボールを止めるのも、すごく難しくなるんだ。グリーンが乾くようだったら、今年はそこまで低いスコアは出ないだろうね」。

「2年前は惜しいところまでいったからね。常により良い結果を出して勝ちたいと思っているよ」。

今季はこの大会がわずか3戦目となるデュビッソン。彼は「ネッドバンクゴルフチャレンジ」では4位タイに入りながらも、「アブダビHSBCゴルフ選手権」では予選落ちを喫している。

しかし、本拠地に帰り、今季から一新したクラブで打ち込みをしたとあって、彼は2014年に「ライダーカップ」の代表チーム入りを果たした際の調子を取り戻すことに自信を深めている。

「今年はクラブを換えたのでそこまで多くの大会に出場していないんだ」とデュビッソン。「アブダビでは正しいクラブセッティングが見つけられなかったので、自宅へ帰り、セッティングやグリップを確認し直すことにしたんだ。今は全てにおいて大丈夫だと思うよ」。

「こういうのは時間がかかるからね。だから自信を失うかもしれなかったので大会へは出なかったんだ。自宅でじっくりと準備をして、正しいクラブセッティングを見出してからシーズンをスタートさせたかったんだよ」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPS HANDA パースインターナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!