ニュース

欧州男子ISPS HANDA パースインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPS HANDA パースインターナショナル
期間:02/25〜02/28 レイクカリーニャップCC(オーストラリア)

スタッツで見る「ISPS HANDAパースインターナショナル」

『23』 ‐ 2013年に当時23歳のジョン・ジンが大会最年少優勝を達成。

『1』 ‐ 大会史上、プレーオフで優勝が決まったのは3年前の1回のみで、このときはジョン・ジンロス・フィッシャーを退けた。

『24』 ‐ ブレット・ラムフォードはレイクカリーニャップで最後にボギーを叩いてから24ホール連続でノーボギーを継続中。

『17』 ‐ トービヨン・オルセンが2014年大会を制した際の通算スコア。オルセンは大会史上最高スコア、そして最大差での優勝を達成。

『63 』 ‐ 2014年の2日目にジェームス・モリソンがマークした過去3回開催されたこの大会の1ラウンドあたりのベストスコア。

『9』 ‐ 2年前にモリソンが「63」を記録した際のバーディ数。

『37』 ‐ 2012年にボー・バン・ペルトジェイソン・ダフナーに2打差で競り勝った際の年齢。大会の最年長優勝記録となっている。

『220』 ‐ 2013年にデービッド・マッケンジーが220ヤード、パー3の8番ホールでホールインワンを達成し、地元のヒーローとなった。

『716』 ‐ ジョン・ジンがこの大会を制した際にジャンプアップした世界ランキング。彼は1052位から一気に336位に駆け上がった。

『444』 ‐ パー4の18番ホールのヤーデージ。2013年の平均スコアは4.41、そして2014年の平均スコアは4.39と、2年連続して同ホールが最も難しいホールとなった。

『3』 ‐ 2014年大会ではオルセンが3打差の首位で最終日を迎えた。優勝者が日曜のラウンド前に築いたマージンとしてはこれが最大。

『30』 ‐ ジョン・ジンが優勝した際の最終日のパット数。これはバンペルトより1打少なく、オルセンより2打少ない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPS HANDA パースインターナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。