ニュース

欧州男子メイバンク選手権マレーシアの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 メイバンク選手権マレーシア
期間:02/18〜02/21 場所:ロイヤルセランゴールGC(マレーシア)

クアラルンプールで加速したホルマンがリードを広げる

「メイバンク選手権マレーシア」は2日目の終盤にロイヤルセランゴールGCでバーディ攻勢に出たネーサン・ホルマンが2打差の単独首位で週末を迎える展開となった。

今週はこれまでボギーを1度しか叩いていない24歳のホルマンは、初日の「64」に続き、2日目を「65」とし、同じく2日目を「65」でラウンドしたリチャード・ブランドに2打差をつけ、初日に続きトップの座を堅持した。

<< 下に続く >>

ホルマンは昨年12月に、欧州ツアー出場16回目にして「オーストラリアPGA選手権」を制覇しており、今回は同ツアー出場20回目での2勝目を狙っている。

対照的に、ブランドは出場378回目にして初優勝を狙っているわけだが、今週はまだボギーを1度も叩いておらず、「コマーシャルバンクカタールマスターズ」で7位タイに入ったシーズン序盤の安定感をここでも維持している。

豪州出身のホルマンは、ゴールドコーストで優勝した後はデザートスイングで2度のトップ40入りを記録しており、今大会では母国以外での初優勝を狙うと同時に、世界ランキングでのジャンプアップを目論んでいる。

「地元で優勝することができたので、次なる目標は海外での勝利なんだ。それだけに、こんなに早く目標を達成するチャンスに恵まれて良かったね」とホルマン。「さらに先を見据えると、世界ランキングでトップ100入りを果たすのも現実的な目標になってきたね」。

「僕たちは、先頭を走り、大きな大会で勝つチャンスを得るためにゴルフをプレーしているのだからね」

「前後半の折り返しで3、4打リードしているのを知ったときは若干緊張したけれど、自分自身をよくコントロールできたと思うし、終盤にいくつかバーディを奪うことができたね」

前半を「32」として折り返したホルマンは、後半に入って俄然波に乗り、13番で寄せワンのバーディを奪うと、続く14番では今週初ボギーを叩くも、15番と16番ではピン側3メートル以内につけてバーディを奪うと、17番では6メートルの難しいバーディをねじ込んだ。

13番、15番、1番とバーディを重ねたブランドは、2番で長いバーディパットを沈めると、続く3番では見事なチップショットから立て続けにバーディをお膳立てした。その後、8番でこの日6つ目のバーディを奪ったイングランド出身のブランドは、ホルマンと並ぶこの日のベストスコアを叩き出した。

世界13位のダニー・ウィレットホルヘ・カンピージョイ・スミンミゲル・タブエナは首位から5打差の通算8アンダーにつけている。

体調不良を訴えたイングランドのウィレットは、4バーディ、2ボギーの「69」でしのぎ、韓国のイはボギーを一つに抑える「68」で2日目をラウンドした。

スペインのカンピージョは5バーディ、3ボギーの「69」、ウィレット同様に体調の優れないフィリピンのタブエナは、3番、4番、そして13番でバーディを奪うノーボギーの「68」でこの日を回った。

ともに2日目を「69」としたトンチャイ・ジェイディーマーカス・フレイザーは通算7アンダーにつけており、さらに1打差でアンドリュー・ドット川村昌弘タワン・ウィラチャンがつけている。

米国出身のケーシー・オトゥールは、193ヤードの12番ホールを7番アイアンの一振りでホールアウトするエースを達成し、100万ヒルトンホテルポイントを獲得した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 メイバンク選手権マレーシア




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!