ニュース

欧州男子ツワネオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ツワネオープン
期間:02/28〜03/03 コッパーリーフG&C(南アフリカ)

クラークとオラサバルが若き才能をコーチ

ツワネオープンに於ける公式育成クリニックのため、メジャー大会の3人の優勝者と今大会を共催するヨーロピアンツアーとサンシャインツアーに参戦するプロ選手たちが、マメロディ、アターリッヒヴル、そしてマボペインといった地域の学校からきた参加者たちに、午前中一杯を使って指導にあたった。

熱心で若いゴルファーたちにとって、ライダーカップのヨーロッパチームのキャプテンでありマスターズで2回優勝しているホセ・マリア・オラサバル(スペイン)、かつての全米オープン優勝者のマイケル・キャンベル(ニュージーランド)、2011年の全英オープン優勝者のダレン・クラーク(北アイルランド)、そして他のプロ選手達からの指導を受けることができるのは、非常に貴重なことだ。

「子供たちにとっては、本当にすばらしい機会だと思うよ。彼らにとって、こうしたワールドクラスのゴルファーたちと交流を持ち、ゴルフが自分たちに何をもたらしてくれるのかを感じることは、非常に大事なことだよ」とボダコムゴルフワールドのコーチであり、今回参加した子供たちのほとんどをコーチしているネイサン・マルレカは語った。

プロ選手たちもまた、マドペインのセントラル中等学校、マメロディにあるマメロディ高等学校、マラコマ小学校、そしてアターリッヒヴルにあるメソング幼稚園と小学校から選抜された、ツワネの熱心で若いゴルファーたちと交流するこの機会を非情に楽しんでいた。

「南アフリカのような国が発展していくのを見るのは、素晴らしいことだ。願わくは10~15年のうちに、この中の子供たちが私たちと一緒にツアーでプレーするようになるといいね」とスペインのパブロ・ララサバルは言っている。

「私は5歳の少年を担当していたんだが、彼が上手にスイングするのを見ているのはとても素晴らしい経験だったよ。私が5歳の時は、ゴルフクラブが何なのかも知らなかったけど、ここにはその年で素晴らしいショットをする子供たちがいるんだよ」。

オラサバルは子供たちと過ごす時間を本当に楽しんでいた。小さな少女がボールを打ってフォロースルーで足が上がってしまうのを見たとき、彼はこう言った。「ディスコに行ったら、足を上げてもいいんだよ。だけどここでダンスをするわけではないからね。これはゴルフだから。地面に足をつけておいて。ダンスは後でしよう!」

ツワネ市のMMCであるノジフォ・マケケは、プロ選手達のツワネでの試合を大きく育てて行く上での献身的な姿勢に賛辞を述べた。

「これは、私たち、そして参加者たちにとって長期的なプロジェクトなんだ」と彼は言った。「彼らにはゴルフに関わってほしい。なぜならゴルフはエリートのスポーツではないからだ。すべての人ができるスポーツだし、ツワネの子供たちがいつかゴルフで国際的なスターになるところを見たいんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ツワネオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。