ニュース

欧州男子アフリカオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 アフリカオープン
期間:02/14〜02/17 場所:イーストロンドンGC(南アフリカ)

安定したゴルフでフィチャートがアフリカオープンを制覇

ダレン・フィチャート(南アフリカ)が後半の崩れをうまく克服し、自身ヨーロピアンツアー4勝目となるアフリカオープン優勝を果たした。これでこの大会の優勝トロフィーは今年も再び南アフリカ人選手の手に収まった。

37歳のフィチャート、そして同胞のジャコ・ヴァンジル(南アフリカ)が首位タイでスタートした最終日、序盤は拮抗した争いとなったが、折り返し地点でフィチャートが4打差をつけトップに立った。フィチャートは終盤4ホールで3つのボギーを叩いたが、ヴァンジルはこれにつけ入ることができず、結局フィチャートがスコアを「71」とし、通算16アンダーでヴァンジルとグレゴリー・ボーディ(フランス)に2打差をつけて優勝を飾った。

これで2010年のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)、2011年と2012年のルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)に続き南アフリカ勢による4年連続優勝が達成された。

フィチャート、ヴァンジル共にスタートの1番ホールをバーディとした。12回のトップ10フィニッシュの記録を持つヴァンジルは自身初のヨーロピアンツアー優勝に向け、続く2番ホール、グリーンの外からのバーディパットを沈めて一歩リードした。しかしヴァンジルのリードは長くは続かない。フィチャートは3番ホール(パー5)でバーディを奪い、7番ホールでも20フィートのバーディパットを沈め初めてトップに立った。

ヴァンジルが難しい9番ホールでボギーを叩き、フィチャートのリードは2ストロークに。更にヴァンジルは12番ホールのアプローチでダフってボギーとし、これでフィチャートとの差は3打までひらいた。昨年のセントオマールの覇者であるフィチャートは13番ホールで20フィートのバーディパットを沈め、勝利を手中に収めたかと思われた。

ところがフィチャートは続く14番ホールを3パットのボギーとしてしまう。16番でもアプローチに失敗し、このホールをボギーとし、17番ホールでは6フィートのパットを外し連続ボギー。これで2位との差は1打に縮まってしまった。
フィチャートは最終18番ホールでもティショットを失敗したが、ヴァンジルがグリーンをとらえることができなかったのと引き換えに、フィチャートは木の上を超える素晴らしいセカンドショットを見せ、グリーンセンターを捕えた。「少し集中力を欠いてしまったよ」とトロフィーを手に認めたフィチャート。「僕は4打差でリードしていて、もう勝てると決め込むようになってしまったんだ」

「今日はとても良いパッティングができていた。それなのに14番では短いパットを外してしまった。一体何が起きているんだ?と思ったよ」、「この大会は僕の好きな大会のひとつだね。このコースは他と比べようもないほど魅力的だよ。たくさんのノックダウンショット(低い弾道のショット)や、アイアンでのティショットを打たなくてはならないんだ」、「僕はいつもここに来ることを楽しみにしているんだ。そしてもちろんこうして優勝できると更に楽しい」

ボーディ(フランス)は3番ホール(パー5)で25フィートのイーグルパットを沈め、一時は優勝争いに名乗りを上げる勢いだったが、続く10ホールを2つのボギーと8つのパーとしたことで優勝から遠ざかった。しかし後半に奪った3つのバーディと、ヴァンジルが最終ホールでパーセーブに失敗したことで、ボーディは2位タイで今大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アフリカオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!